忌避剤の力で鳩撃退~家に居座られないために行なう処置法~

どうにかしたい鳩は忌避剤を使って撃退 どうにかしたい鳩は忌避剤を使って撃退

毎日家に来る奴をどうにかしたい~鳩撃退スプレー~

1羽の鳩

なぜ、鳩が自宅の敷地内に長く居座るのか気になる方も多いでしょう。鳩が同じ箇所に居座り続けるのには原因があります。こちらでは、鳩が居座り続ける習性と穏便にお引き取りしてもらうための鳩撃退方法をご説明いたします。

鳩で悩んでいる人必見~鳩が来るワケ~

ほとんど毎日鳩が家に来ます。なんで人間がいる家に来るんですか?
鳩は、他の動物に狙われにくい安全な場所を好みます。高い所は勿論、機械類と建物の隙間にも好んで入ります。特に室外機は、絶好の隠れ場で排水が飲み水となるので鳩にとって過ごしやすい場所となります。

好条件の整った所は鳩の住処になる

鳩は、ベランダの室外機裏のような目立ちにくい場所を安全地帯だと認識します。そのため、朝から夕方にかけて長く居座るので、騒音は勿論ですが大量の糞を落としていきます。それらを放置すると、巣作りをして繁殖活動を始めます。それから、安全と判断した時点で、帰巣本能と縄張り意識が生まれるので、簡単に立ち去ってはもらえません。

鳩の訪問は人間にも原因がある

鳩は、天敵が少ない場所を好みます。特に、人間の活動圏内は安全だと判断します。天敵の野良猫やカラスは、人間に近寄りません。このように、場所によっては天敵と遭遇しにくいのと、人の出入りもさほど多くない場所は、鳩にとってベランダは最高の隠れ家となります。また、ベランダに植木や給湯器を置いてしまうと、隠れられる範囲を広めてしまいます。

しつこいからって傷つけちゃダメ

勝手に鳩駆除を行なうと、法律に触れてしまいます。日本の法律には、鳥獣保護法が制定されていて、許可なく駆除あるいは傷つけてしまうと処罰されます。駆除する際は、都道府県・市町村に鳩駆除の申請をすれば、専門業者に対策を施してもらえます。しかし、申請は様々な事項が必要な上、審査に時間がかかるので、許可が得られにくいのが現状です。

鳩撃退するなら忌避剤

鳩撃退アイテムとしては、忌避剤が人気でいろんな種類の商品があります。

スプレータイプの忌避剤
虫よけスプレーと同じ感覚で使える鳩撃退アイテム。鳩が本能的に嫌がる臭い成分で作られています。薬剤効果は、3~4時間ほどですが、毎日定期的に止まりやすい箇所に噴きつけておくと、臭い成分が染みつくため、鳩の飛来を防ぎやすいです。比較的止まりやすいベランダや階段の手すりや窓枠、ベランダの仕切り壁に集中して噴きつけると効果的です。
固形タイプの忌避剤
吊るすタイプの忌避剤となっています。忌避剤の効果は、意外と広範囲に広がり、半径1.5mほどの範囲に臭い成分が広まります。効果の持続時間は、1か月ほどもたらされます。使用方法は、窓の桟・物干し竿に吊るしておくだけで簡単に扱えます。広範囲に臭い成分を拡散させますが、間隔を空けて複数吊るしておくのも有効です。
ジェルタイプの忌避剤
何といっても、ジェルタイプは味覚・嗅覚・触覚に作用します。鳩が嫌う味と臭い成分は勿論、べた付き感のある成分で作られています。そのため、鳩の体にべた付きがつくことで鳩に不快感を与えることができます。何より、ジェルタイプの忌避剤は、1年から1年半という長期的な忌避効果をもたらしてくれます。

上記のような鳩撃退アイテムを使うことにより、鳩を傷つけることなく追い払うことができるでしょう。通販サイトを利用すれば、簡単に手に入るものばかりなので、鳩の被害に遭っている場合は使用してみましょう。

TOPボタン